• ShinFukuda

【ファッション】を再考してみる



個人的に筑波大学准教授でメディアアーティストの落合陽一さんが好きでフォローしています。


Weekly Ochiaiというコンテンツの「ファッションをアップデートせよ」をみて思ったことを書きます。



ファッションとは、特に生きていく上で意識する必要がないもの、という前提がある。

ただの贅沢なのか。ただの趣味なのか。


そして業界全体としては、あまり盛り上がっていないという。


ファッションは素通りすることができるカテゴリー。

意識をしないでも、ハダカで外にでるひとはいないし、普通にパンツ穿くしシャツも着る。  

服を着るたびに、いちいち「ファッション」 だとは思わない人が大多数ではないか。

僕もそのひとり。


ほぼ毎日車通勤。家から職場までは誰の目にも触れないし、職場ではすぐに着替える。

ハダカじゃなければいいや、くらいの感覚で服をまとう。


夜に予定があったり、週末に出かけたりするシチュエーションで、初めて「ファッション」としての装飾品を意識する。でも普段そんなの考えないから「いびつな」ファッションになっている可能性があったりする。



でも、そこでなにかが変わる。



ファッションを意識することで、気分があがり、テンションが高くなり、姿勢が良くなり、なぜか見る景色も違ってくる。


普段は通り過ぎるファッション。

でもそこにあえて立ち止まることによって、実は様々な効果があることに気づかされるのだ。


・気分が上がる

・自分に加点される

・新たな自分が発見される

・影響力がアップする

・自分を大切にできる

・自分自身に目を向けることができる


モデルでファッションデザイナーの鈴木えみさんは、自身がブランディングするファッション自体を「鎧」と表現していた。


その言葉を聞いて2日くらいたって熟成されて、その真意に近づけた気がする。


いきなりドラクエで例えてみる。

レベル1のころはただの布の服を着て冒険が始まる。スライムの攻撃くらいは耐えられるが、敵が強くなるにつれて防具もバージョンアップしないといけない。

敵を倒し経験値やゴールドも貯まることでレベルもアップし、強い防具も購入できる。


自身のブランディングと自己成長がお互い引っ張りあって、より良い自分にアップデートされる感覚。


結局は「自分らしさ=自分軸」を育む上で、ファッションというのはひとつの重要なキーワードなんじゃないかと思う。


ファッション業界が盛り上がらないいまこそ、自己投資としてのファッションを再考すべきじゃないだろうか。     

0回の閲覧
  • グレーInstagramのアイコン
  • Grey Facebook Icon

© 2018 一般社団法人AkalaVillage

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon