• ShinFukuda

「自律神経失調症」の正体。


「自律神経失調症」


昔の人は、うまい病名を考えたものです。


でも、医学的にはこの病名は、存在しません!

学校でも習わないし、教科書にも一切書いてありません。


それでもこの病名にしっくりくる症状を訴える方は、すごくたくさんいます。


なので、正式な病名にしてもいいんじゃないかと思ってます。



その、いわゆる「自律神経失調症」ですが、様々な症状を呈します。


動悸がする

身体があつくなる

身体がひえる

汗をかく

ねむれない

めまいがする

立ちくらみがする

手が震える

下痢する

吐き気がする

口が乾く



そもそも、自律神経とはなんでしょうか。

交感神経と、副交感神経のことです。


交感神経は、戦闘モード、副交感神経は、休息モードです。


人間は、この二つの神経を、身体が勝手にコントロールして、うまい具合に割合を決めています。

あるときは10:0、またあるときは3:7というふうに。

この割合は、基本的に自分の意志では変えることができません。だから「自律」なのです。



大事な会議のプレゼンの前では、戦闘モードが作動します。

緊張して神経が研ぎ澄まされ、気合いが入り、集中力が増します。


夕飯を食べてお風呂に入ると、休息モードに切り替わります。

リラックスして、眠くなってきます。



この、「自律」機能が狂ってしまった状態を、「自律神経失調症」といいます。



プレゼンなどで、本番に強い人は、この戦闘モードをうまく利用できますが、

逆に弱い人は、過剰な交感神経により「不安」が全面にでてきてしまいます。


寝る前にうまくリラックスできずに眠れなくなったり、

なんでもないときに突然交感神経が働いて、動悸や震えがでてきたり。


そんな状態は、とってもつらいです。



さて、この自律神経、先ほど自分ではコントロールできないと言いましたが、

なんとそれを自らの「意志」でコントロールする方法があるのです。


→次の記事でご紹介します。

8回の閲覧
  • グレーInstagramのアイコン
  • Grey Facebook Icon

© 2018 一般社団法人AkalaVillage

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon